やすらぎを届け、信頼される調剤薬局へ。株式会社 祥漢堂総合メディカルグループ

インタビュー

大阪地区のエリアリーダーとして勤務しています。
エリアリーダーの仕事は主に地区店舗の管理薬剤師と相談しながら店舗の問題を解決していくことです。言葉で書くとスッキリ収まるのですが、解決するのに長時間かかることも多々あります。
また、定期的に会議を開き会社の方針や店舗の情報を共有します。他の店舗での良い取り組みを他の店舗でも実行していくように働きかけたり、人に関する相談をうけたりと、幅広く仕事をさせていただいています。

会社見学したときに、地域に密着したサービスが提供できると感じ入社を決意しました。
もともとドラッグメインの薬局で勤めていたため、転職する際には調剤薬局で薬の知識をしっかりとつけ、患者様に近い立場で働ける職場を探していました。
実際、処方箋を持参されずに相談に来られるかたもいらっしゃいます。病院でもらった採血データを持ってこられる方もいて、そのデータからどういう食生活や生活改善をしていけばいいのかをお話させていただくこともあります。
こういった患者様が来局して下さる時は、微力ながら地域社会に貢献できているのではと感じる事ができます。

やはり、患者様や仲間から「ありがとう」と言われたときですね。
患者様の話から薬の副作用が疑われる点を確認し、主治医に伝えて別の薬に変えたところ、症状がなくなった時などは、薬剤師としてのやりがいを感じます。
患者様ともドクターともコミュニケーションが必要となりますが、これは、日々の積み重ねが大切なので、こういった人とのつながりを実感する時にもやりがいを感じます。 もちろん、仲間から相談を受けて、感謝された時も嬉しいですね。

色々な意見交換を積極的にできることでしょうか。上司と意見交換していても「違う!」と頭ごなしに否定されることはないので、「自由闊達」が浸透していると感じます。

活き活きと自身の将来像を話すことができる方と仕事がしたいですね。
大学を卒業して初めて就職する時の薬剤師としての気持ち、5年後、10年後の薬剤師としての気持ちは、いい意味でも悪い意味でも変化していくものです。そんな時に支えとなるのは、「こんな風になりたい」と前向きな考えが持てる人です。ぜひそんな人と仕事がしたいです。あと楽しくお酒が飲める方(笑)。

一度しかない人生です、色々会社を見学し決断してはいかがでしょうか。
ポイントとして3年後・5年後・10年後に薬剤師として、自身が会社で何ができるか・何をしたいかを考えながら就職活動いただければと考えています。


その他のご質問・お問い合わせは下記お問い合わせフォームをご利用ください。

2019年4月入社希望の方 エントリーはこちら

マイナビ2019

めでぃしーんねっとエントリーはこちら