やすらぎを届け、信頼される調剤薬局へ。株式会社 祥漢堂総合メディカルグループ

祥漢堂の取組み事例

患者様からの視点”をすべての中心に据え、独自の先進的取組みを積極的に行っています

“患者様にとっての最良のサービスとは何か?”
祥漢堂薬局では、薬剤師や薬局主導でなく、あくまでも”患者様からの視点”をすべての中心に据え、その考えを基に、患者様の志向に合わせた独自の先進的取組みを積極的に行っています。

患者様専門相談員を局内に配置しプラスαの患者様サービスを提供

“患者様のために薬局は何ができるか?”
そんな思いから、患者様専門相談員コンシェルジュは誕生しました。「ここへ来るとホッとする」私たちはそんな癒しの空間を提供できる薬局を目指しています。

キッズファーマシーまで幅広く実施

私たちは地域の患者様の「かかりつけ薬局」であるため、健康講座やお子さま調剤体験“キッズファーマシー”といった取組みを各店舗で実施。薬局業務にとどまらない様々な企画を通じて、患者様との触れ合いを大切にしています。

約200種類の漢方を常備経験豊かなスタッフによる調剤

祥漢堂では西洋医学だけにとどまらず、東洋医学も積極的に採用しています。局内では200種類もの漢方生薬と専門調剤室を設置し、患者様の体調に最も適した漢方処方に対応できるよう、環境を整備しています。

患者様にとって居心地の良い空間へこれまでの常識にとらわれない設計

既製の薬局のイメージにとらわれず、患者様に気持ちよくご来局いただける薬局の形を追求した店舗設計を行っています。「また来たい」そんな一言を生み出すことのできる薬局こそ私たちの目指す姿です。

医師の往診同行も含むお薬の配達サービスを実施薬剤師によるターミナルケア支援も

在宅患者様が増大する昨今の日本社会に貢献するべく、祥漢堂ではすでに個宅・施設向けの配薬サービスを実施しています。QOLの向上を目的とし、患者様の日常生活動作(ADL)に応じた居宅療養の一端を担える存在として薬局の役割を追求し続けています。

徹底した調剤過誤防止と調剤業務の自動化

ヒューマンエラー対策として全店舗に調剤過誤防止システムを導入し、人の目だけに頼らない薬剤の確実なピッキング調剤業務を行うことで安全性の向上に努めております。
一部の店舗では更なる安全性向上を目指して、QRコードを利用した処方せんに対応できるシステム環境を構築し、処方入力ミスを防ぎ、患者様により確実な安心をご提供します。また同時に薬剤師が患者様と接する時間を大切にしていきたいと考えています。

「おもてなし」の心を持つ人材の育成

私たち祥漢堂は、地域社会に貢献する調剤薬局であるためには、社員一人一人がメディカルケア及びヘルスケア
に関する責任と「おもてなし」の心を持つ事が重要だと考えています。専門的な知識・技術と「ホスピタリティ」マインドをあわせ持った人財を育成するために、薬剤師職能を拡大するためのビジネス・専門スキル研修と、コンプライアンス全般に関する研修や、定期的な接遇マナー研修をバランスよく実施しています。
>教育研修ページヘ