やすらぎを届け、信頼される調剤薬局へ。株式会社 祥漢堂総合メディカルグループ

調剤業務について

安全の確保と患者様の安心を追求した調剤業務を行っています。

祥漢堂薬局では、最新の調剤システムやツールを駆使し、患者様の安全を追求した調剤業務を行うと共に、ホスピタリティの充実と、コンプライアンスの遵守を行い、より確実で信頼いただける薬局を目指しています。

安全に関する教育研修を実施
全社員へのコンプライアンス研修、マニュアル類の継続的な見直しを行っています。患者様に安心・安全をお届けする祥漢堂薬局の一員として徹底した教育と、ルール、情報の共有を行っています。

調剤業務の流れ

1.来局・受付
患者様が来局され、受付に来られます。処方せんをお受け取りし処方内容を確認します。

2次元バーコード処方箋対応
2次元バーコードを利用した処方箋に対応できるシステム環境を構築しています。処方入力ミスを防ぎ、患者様へより確実な安心をご提供します。

2.処方せん入力
調剤システムを用いて患者様の特定、処方内容を入力します。
3.処方監査
調剤システムで、患者様の既往歴や過去のデータを参照し正確な現状把握を行います。

最新の調剤システムで処方監査
最新調剤システムを使用し、患者様のデータを管理しています。薬剤師、その他スタッフ間で正確・確実な情報共有が出来るようになっています。

4.調剤
最新の調剤システムを用い、散剤、水剤、ヒート剤、外用剤等の薬剤の調製を行います。

調剤過誤防止システムでの調剤
全店調剤過誤防止システムを採用し、ヒューマンエラー対策として、人の目だけに頼らない確実な薬剤ピッキング業務を行っています。

5.監査
処方通りに薬が調製されているか、医師による処方内容は妥当か、など薬剤師が再チェックします。
6.投薬・服薬指導
患者様お一人お一人に合った服薬指導を行い、お薬をお渡しします。

電子薬歴を全店舗で採用
電子薬歴を全店舗採用したことで、グループ内のデータ共有を円滑化し、強固なセキュリティで患者情報の一元管理を行なっています。

電子薬歴を全店舗で採用